体イキイキ心ワクワク 健康のベストパートナー健志堂

インフィオラータ神戸2012 東洋医学鍼灸展 篠山三田宝塚鍼灸師会活動報告

インフィオラータ神戸2012東洋医学鍼灸展に参加しました

 インフィオラータ神戸2012にて 田者ら付かし鍼灸師会

DSC00075.JPG

2012年5月3日、神戸市の北野坂会場のインフィオラータ神戸2012で開催された東洋医学鍼灸展に参加してきました。

宝塚鍼灸師会からは、三田市のベテラン鍼灸師の釘宮成伍先生・宝塚の感性豊かな鍼灸師の大坪ちひろ先生と支部長の尾関克哉の3人参加しました。

担当ブースは、鍼・おきゅう・小児はり体験ブースを13時から17時まで4時間担当しました。

鍼体験は、昨年の神戸マラソンでも使用したセイリン社のパイオネックスという円皮鍼。ほとんど痛み無く鍼治療が受けられる優れものです。

鍼治療は経絡というツボをつなぐラインを調整する治療法が醍醐味です。経絡の途絶えている部位を皮膚の変化を繊細な感覚で読み取り治療していきます。そのわずかな刺激で体を良い方向に導いていく体験は多くの方に喜ばれました。

おきゅうは、同じく経絡の変化を読み取り、冷えがあるものに対しては、絶大なる効果を発揮します。今回は温灸を使用して体験してもらいました。

小児はりは、関西発祥の日本独自の子供特有の症状を治療する伝統技術です。皮膚をやさしくこする治療法で心地よい治療です。

本当に多くの方にご来場いただき、大盛況でした。

宝塚市鍼灸師会は、育児サークルでの小児はり体験会や健康相談、ストレッチポールを使用した健康運動指導や介護予防体操指導など地域のみなさまの健康生活を東洋医学で支えるボランティア活動を積極的に行っています。お気軽にお問い合わせください。